河川王「坂東太郎」~元・あゆーにゃ~

雑記メインのしがないブログです。

YouTubeとニコニコ動画。

まず最初に「ニコニコ超会議2015 超ひろゆき枠 仁義なき生主論争 ~YouTuberの台頭~」の動画を。

 

 

 

weekly.ascii.jp

 

YouTuberという流行りがここ数年続いていますが、これを見て皆さんは何を感じているのでしょうかね。

 

ニコニコ動画が低迷気味なのは、やはりYouTuberの影響が大きいのでしょうか。それとも超会議とか無駄なイベントが多いのが理由なんでしょうか。

 

まぁでもYouTuberは子供のファンを多く抱えている人が多いので、子供の遊び場といわれていたニコニコ動画は少なからずダメージはあったんでしょうね。

 

それでYouTubeってすごいなぁーさすがだなぁーと思えないのは何ででしょうね。胡散臭さやペテン臭が拭い切れてないような気がします。

 

だからといって現在のニコニコ動画に追い風が来る気配もなく、しばらくはYouTubeの攻勢が続くのでしょうね。それが良いことなのか悪いことなのかは置いておいて。

 

不思議に思うのは、子供ばかりが集まるYouTuberの動画になぜ大量の広告費が投入されているのかということ。普通に考えると子供が多くいるコンテンツに広告を打ってもそれほど効果はないんじゃないのかと思うのですが…どうなんでしょうね。

 

ボク個人の意見ではあるのですが、ニコニコ動画の「クリエーター奨励プログラム」や「有料配信」で一定の収益を上げられるユーザーがいっぱい出てきたほうがレベルの向上にも繋がるし、意味があると思うんですよね。

 

つまり、広告主がYouTube(YouTuber)に広告を出しても大して効果がないことに気がつけば、必然的にこのブームは萎んでいくんじゃないのかな?と思うんですよね。

 

そんなんYouTubeの運営陣だって百も承知でやっているだろうから、何か対策はあるんだろうなと思っていますけどね。

 

それでも動画や映像、ブロードキャストの将来を考えると、「クリエーター奨励プログラム」や「有料配信」が理想的なんじゃないかと思うんですけどね-。

 

数年後、どうなっているんでしょうか。